就業規則・労働基準法

年次有給休暇・パートタイマーの年次有給休

有給休暇の基礎知識 ・・・ 浜松市(中区、北区、西区、東区、浜北区)対応

年次有給休暇の付与日数

年次有給休暇は、雇入れの日から6か月間継続勤務し、その間の全労働日の8割以上出勤した労働者に対して最低10日を付与しなければなりません。その後は、継続勤務年数1年ごとに一定日数を加算した日数となりますが、一般の労働者の場合は次のとおりとなります。

継続勤務年数
0.51.52.53.54.55.56.5以上
付与日数10111214161820

パートタイマーの年次有給休暇

<週の所定労働時間が30時間未満の労働者>
週の所定労働時間が30時間未満のパートタイマーの場合には、その勤務日数に応じて比例付与され、それぞれの所定労働日数により次のとおりとなります。

(1)週の所定労働日数が4日または1年間の所定日数が169日から216日

継続勤務年数
0.51.52.53.54.55.56.5以上
付与日数78 910121315

(2)週の所定労働日数が3日または1年間の所定日数が121日から168日

継続勤務年数
0.51.52.53.54.55.56.5以上
付与日数566891011

(3)週の所定労働日数が2日または1年間の所定日数か73日から120日

継続勤務年数
0.51.52.53.54.55.56.5以上
付与日数3445667

(4)週の所定労働日数が1日または1年間の所定日数が48日から72日

継続勤務年数
0.51.52.53.54.5以上
付与日数12223

参考
・ 有給休暇の時効は2年間ですので、未使用分は翌年まで繰越ができる。

時季指定権とは・・・

労働者が有給休暇を取得する時季(日)を指定すること。時季を指定してはじめて有給休暇が与えられる。

時季変更権とは・・・

使用者(会社)は、労働者が指定した時季(日)に有給休暇を与えると、業務の正常な運営を妨げる場合のみ時季(日)を変更することができる。

有給休暇の買い上げ

有給休暇の買い上げは原則できませんが、例外的に買い上げができる場合があります。ただし、買い上げるかどうかは会社の判断で決定できます。

<買い上げができる場合>
・ 会社が法律を超える有休日数を与えている場合に、その超える部分
・ 2年間使用せず、時効にかかってしまった部分
・ 退職する労働者の未使用分

有給休暇中の給与

原則は、平均賃金または通常の賃金
例外として、健康保険の標準報酬日額
平均賃金とは、直前3ヶ月間の給与の合計の1ヶ月あたりの平均額です。実際には通常の賃金を支払う会社が殆どです。

関連業務

就業規則・給与規程作成・見直し
労働基準監督署是正勧告
変形労働時間制

業務内容・料金(消費税抜き)

就業規則の作成 50,000円から
給与規程(賃金規程)の作成 50,000円から
育児介護休業規程の作成 50,000円から
就業規則の変更 20,000円から

対応地域

浜松市(中区、北区、西区、東区、浜北区)

お問い合わせフォーム (法人及び個人事業主のみ)

弊所へのお問い合わせは、以下のお問い合わせフォームに入力して送信頂く方法、または、電話番号 053-420-2311(受付時間は平日8時30分から17時30分 ※12時から13時を除きます)までお電話頂く方法にてご連絡をお願い致します。

必須会社名

必須住所

必須電話番号(半角でご入力ください)

必須ご担当者名

必須メールアドレス

任意お問い合わせ内容