就業規則・労働基準法

試用期間・試用期間の長さ・試用期間の延長

試用期間についての基礎知識 ・・・ 浜松市(中区、北区、西区、東区、浜北区)対応

試用期間とは

従業員としての適格性があるかどうかを判断するための一定の期間のことです。

試用期間の長さ

試用期間の長さについては、労働基準法に定めはありませんので会社が自由に決定できます。3ヶ月が一般的ですが、長くても6ヶ月程度が無難といえます。

試用期間の延長

試用期間を延長することは可能ですが、以下の要件を満たす必要があります。
・ 就業規則などで試用期間の延長について明記されている
・ 従業員の適格性や能力に疑問があり、もう少し様子をみる必要性があること
・ 延長について期間を区切ること

試用期間中の解雇

試用期間中の最初の14日以内であれば解雇予告せずに即時解雇でき、解雇予告手当の支払いも不要です。

関連業務

訓戒・減給・出勤停止・懲戒解雇
解雇の手続・解雇予告手当
就業規則・給与規程作成・見直し

業務内容・料金(消費税抜き)

就業規則の作成 50,000円から
給与規程(賃金規程)の作成 50,000円から
育児介護休業規程の作成 50,000円から
就業規則の変更 20,000円から

対応地域

浜松市(中区、北区、西区、東区、浜北区)

お問い合わせフォーム (法人及び個人事業主のみ)

弊所へのお問い合わせは、以下のお問い合わせフォームに入力して送信頂く方法、または、電話番号 053-420-2311(受付時間は平日8時30分から17時30分 ※12時から13時を除きます)までお電話頂く方法にてご連絡をお願い致します。

必須会社名

必須住所

必須電話番号(半角でご入力ください)

必須ご担当者名

必須メールアドレス

任意お問い合わせ内容